高井・岡芹法律事務所は経営側の立場から人事・労務問題を主とする企業法務に関する弁護士活動を行っています。

高井・岡芹法律事務所 > 論稿等紹介

論稿等紹介


連載

2010年2月~連載中
:岡芹健夫
2017/01/17
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「国立精神・神経医療研究センターほか事件(東京地判平28・2・22)」
2016/11/07
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「野村證券事件(東京地判平28・2・26)」が掲載
2016/09/12
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「NHK(フランス語担当者)事件(東京地判平27・11・16)」が掲載
2016/07/18
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「東京都・都労委(ソクハイ)事件(東京地裁平成27年9月28日)」が掲載
2016/05/23
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「ANA大阪空港事件(大阪高裁平成27年9月29日)」が掲載
2016/03/21
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「海空運健康保険組合事件(東京高判平27・4・16)」が掲載
2016/01/18
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「国・池袋労基署長(光通信グループ)事件(大阪地裁平27・2・4判決)」が掲載
2015/11/02
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「ヒューマンコンサルティング事件(横浜地判平26・8・27)」が掲載
2015/09/07
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「とうかつ中央農協事件(東京高判平25・10・10)」が掲載
2015/03/02
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「北海道大学事件(札幌高判平26・2・20)」が掲載
2014/12/15
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「DIPS事件(東京地裁平成26年4月4日判決)」が掲載
2014/10/20
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「芝ソフト事件(東京地裁平成25年11月21日判決)」が掲載
2014/08/18
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「Y1社ほか事件(静岡地裁沼津支部平成25年9月25日判決)」が掲載
2014/06/16
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「医療法人衣明会事件(東京地裁平成25年9月11日判決)」が掲載
2014/04/28
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「東京都(M局職員)事件(東京地裁平成25年6月6日判決)」が掲載
2012/06/04
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「サイヤス・ヒシノ明昌事件(大阪地裁平成23年9月16日判決)」が掲載
2012/04/02
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「エコスタッフ事件(東京地裁平成23年5月30日判決)」が掲載
2012/02/06
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「国・川崎労基署長事件(東京地裁平成23年3月25日判決)」が掲載
2011/11/21
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「日本通運(休職命令・退職)事件」が掲載
2011/09/26
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「日本ヒューレット・パッカード事件」が掲載
2011/07/25
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「本田技研工業事件」が掲載
2011/06/13
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「津田電気計器事件」が掲載
2011/04/18
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「東日本電信電話事件」が掲載
2011/02/21
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「阪急トラベルサポート事件」が掲載
2010/12/13
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「J学園事件」が掲載
2010/11/01
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「三田エンジニアリング事件」が掲載
2010/09/06
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「国・中央労基署長(日本トランスシティ)事件」が掲載
2010/07/12
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「東和システム事件」が掲載
2010/05/24
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「早稲田大学(年金減額)事件」が掲載
2010/03/15
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「国・相模原労基署長事件」が掲載
2010/02/01
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による判例解説「りそな企業年金基金事件」が掲載
2009年4月~連載中
:岡芹健夫(:所外の弁護士と持ち回りで連載)
2016/10/20
『労働経済判例速報』の「時言」に岡芹健夫弁護士による判例解説「降格既定の新設により為された管理職から一般職への降格への有効性」が掲載
2016/05/10
『労働経済判例速報』の「時言」に岡芹健夫弁護士による判例解説「給与減額改定に対する同意についての心裡留保又は錯誤無効の主張の当否」が掲載
2016/02/10
『労働経済判例速報』の「時言」に岡芹健夫弁護士による判例解説「有期委託契約の性質が労働契約とは認められないとされた例」が掲載
2015/11/20
『労働経済判例速報』の「時言」に岡芹健夫弁護士による判例解説「解雇した従業員への会社からの損害賠償請求」が掲載
2015/01/10
『労働経済判例速報』の「時言」に岡芹健夫弁護士による判例解説「男女間の賃金差別と業務・能力の差異の立証」が掲載
2014/10/20
『労働経済判例速報』の「時言」に岡芹健夫弁護士による判例解説「傷病欠勤者の復職可能性の判断」が掲載
2014/07/10
『労働経済判例速報』の「時言」に岡芹健夫弁護士による判例解説「中国での『乾杯』と労災」が掲載
2014/04/10
『労働経済判例速報』の「時言」に岡芹健夫弁護士による判例解説「派遣先による派遣労働者の時間管理」が掲載
2013/11/10
『労働経済判例速報』の「時言」に岡芹健夫弁護士による判例解説「男女間の賃金格差と個人の考課」が掲載
2013/05/30
『労働経済判例速報』の「時言」に岡芹健夫弁護士による判例解説「日本アイ・ビー・エム事件判決~退職勧奨における労働者の意思の尊重」が掲載
2013/01/20
『労働経済判例速報』の「時言」に岡芹健夫弁護士による判例解説「倉敷労働基準監督署長事件判決~石綿肺を苦とする自殺と労災」が掲載
2012/10/20
『労働経済判例速報』の「時言」に岡芹健夫弁護士による判例解説「北里研究所事件判決(東京地判平24・4・26)~宣伝流布行為を理由とする降格処分が正当とされた例」が掲載
2012/04/20
『労働経済判例速報』の「時言」に岡芹健夫弁護士による判例解説「中央労働基準監督署長事件判決(東京高判平24・1・25)~糖尿病による合併症での死亡と労災認定」が掲載
2011/08/30
『労働経済判例速報』の「時言」に岡芹健夫弁護士による判例解説「東京都教育委員会事件(最高裁平成23年5月30日判決)~国家斉唱時の起立を拒否した教員への再雇用拒否」が掲載
2011/02/28
『労働経済判例速報』の「時言」に岡芹健夫弁護士による論稿「高齢者雇用安定法9条の継続雇用制度」が掲載
2010/03/30
『労働経済判例速報』の「時言」に岡芹健夫弁護士による判例解説「航空会社の日本支社における欠員手当の解釈(フィンエアー事件)」が掲載
2016年4月~2016年11月
2016/11/29
「国際貿易」(第2177号)に五十嵐充弁護士と包香玉カウンセルによるコラム「実務講座 中国の労務管理Q&A」が掲載されました。
2016/11/15
「国際貿易」(第2175号)に五十嵐充弁護士と包香玉カウンセルによるコラム「実務講座 中国の労務管理Q&A」が掲載されました。
2016/09/20
「国際貿易」(第2169号)に五十嵐充弁護士と包香玉カウンセルによるコラム「実務講座 中国の労務管理Q&A」が掲載されました。
2016/08/02
「国際貿易」(第2163号)に五十嵐充弁護士と包香玉カウンセルによるコラム「実務講座 中国の労務管理Q&A」が掲載されました。
2016/07/19
「国際貿易」(第2161号)に五十嵐充弁護士と包香玉カウンセルによるコラム「実務講座 中国の労務管理Q&A」が掲載されました。
2016/06/14
「国際貿易」(第2157号)に五十嵐充弁護士と包香玉カウンセルによるコラム「実務講座 中国の労務管理Q&A」が掲載されました。
2016/05/17
「国際貿易」(第2153号)に五十嵐充弁護士と包香玉カウンセルによるコラム「実務講座 中国の労務管理Q&A」(3)が掲載されました。
2016/04/26
「国際貿易」(第2151号)に五十嵐充弁護士と包香玉カウンセルによるコラム「実務講座 中国の労務管理Q&A」が掲載されました。
2016/04/12
「国際貿易」(第2149号)に五十嵐充弁護士と包香玉カウンセルによるコラム「実務講座 中国の労務管理Q&A」が掲載されました。
2015年10月~2015年12月
2015/12/28
『労働新聞』に連載「管理者必見!!実践的情報漏えい対策」の最終回<まとめ>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2015/12/14
『労働新聞』に連載「管理者必見!!実践的情報漏えい対策」の第10回<流出時の対応>(小池啓介弁護士担当分)が掲載
2015/12/07
『労働新聞』に連載「管理者必見!!実践的情報漏えい対策」の第9回<退職者>(渡辺雪彦弁護士担当分)が掲載
2015/11/23
『労働新聞』に連載「管理者必見!!実践的情報漏えい対策」の第8回<モニタリング>(大村剛史弁護士担当分)が掲載
2015/11/16
『労働新聞』に連載「管理者必見!!実践的情報漏えい対策」の第7回<SNS対策>(村田浩一弁護士担当分)が掲載
2015/11/09
『労働新聞』に連載「管理者必見!!実践的情報漏えい対策」の第6回<非正規への教育方法>(帯刀康一弁護士担当分)が掲載
2015/11/02
『労働新聞』に連載「管理者必見!!実践的情報漏えい対策」の第5回<非正規への開示方法>(帯刀康一弁護士担当分)が掲載
2015/10/19
『労働新聞』に連載「管理者必見!!実践的情報漏えい対策」の第3回<就業規則のつくり方>(秋月良子弁護士担当分)が掲載
2015/10/12
『労働新聞』に連載「管理者必見!!実践的情報漏えい対策」の第2回<管理体制のつくり方>(小池啓介弁護士担当分)が掲載
2015/10/05
『労働新聞』に連載「管理者必見!!実践的情報漏えい対策」の第1回<大きく3類型に区分>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2015年1月~2016年12月
2016/12/28
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第24回(最終回)が掲載(労働新聞)
2016/11/28
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第23回が掲載(労働新聞)
2016/10/31
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第22回が掲載(労働新聞)
2016/09/26
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第21回が掲載(労働新聞)
2016/08/29
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第20回が掲載(労働新聞)
2016/08/01
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第19回が掲載(労働新聞)
2016/06/20
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第18回が掲載(労働新聞)
2016/05/30
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第17回が掲載(労働新聞)
2016/04/25
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第16回が掲載(労働新聞)
2016/03/28
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第15回が掲載(労働新聞)
2016/02/29
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第14回が掲載(労働新聞)
2016/02/01
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第13回が掲載(労働新聞)
2015/12/28
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第12回が掲載(労働新聞)
2015/11/23
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第11回が掲載(労働新聞)
2015/10/26
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第10回が掲載(労働新聞)
2015/09/28
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第9回が掲載(労働新聞)
2015/08/24
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第8回が掲載(労働新聞)
2015/07/27
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第7回が掲載(労働新聞)
2015/06/22
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第6回が掲載(労働新聞)
2015/05/25
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第5回が掲載(労働新聞)
2015/05/04
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第4回が掲載(労働新聞)
2015/03/23
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第3回が掲載(労働新聞)
2015/02/23
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第2回が掲載(労働新聞)
2015/01/26
「高井伸夫弁護士の愚考閑話録」第1回が掲載(労働新聞)
2014年2月~2014年5月
2013年11月~2014年07月
2014/07/16
『教育学術新聞』(日本私立大学協会)第2572号(平成26年7月16日号)高井伸夫弁護士による連載「師範大学(学校)設立を求める声に思う」第6回・最終回(若月秀夫先生)
2014/06/11
『教育学術新聞』(日本私立大学協会)第2567号(平成26年6月11日号)に高井伸夫弁護士による連載「師範大学(学校)設立を求める声に思う」第5回(林明夫氏)
2014/05/14
『教育学術新聞』(日本私立大学協会)に高井伸夫弁護士による連載「師範大学(学校)設立を求める声に思う」第4回(下)(外山滋比古先生<後半>)
2014/05/07
『教育学術新聞』(日本私立大学協会)に高井伸夫弁護士による連載「師範大学(学校)設立を求める声に思う」第4回(上)(小石原昭先生続き・外山滋比古先生<前半>)
2014/03/19
『教育学術新聞』(日本私立大学協会)に高井伸夫弁護士による連載「師範大学(学校)設立を求める声に思う」第3回(小石原昭先生について)
2013/12/18
『教育学術新聞』(日本私立大学協会)に高井伸夫弁護士による連載「師範大学(学校)設立を求める声に思う」第2回(すべての教師に「教育者」としての信念を期待する~恩師早川高徳先生を偲びながら)
2013/11/27
『教育学術新聞』(日本私立大学協会)に高井伸夫弁護士による連載「師範大学(学校)設立を求める声に思う」第1回(教え方を学ぶ重要性・精神性の高さの重要性)
2013年7月~2013年12月
2013/12/23
『労働新聞』に連載「どう向き合う!合同労組 対応の基本原則」の第24回(最終回)<使用者の心構え>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2013/12/09
『労働新聞』に連載「どう向き合う!合同労組 対応の基本原則」の第22回<違法な組合活動への対応>(小池啓介弁護士担当分)が掲載
2013/12/01
『労働新聞』に連載「どう向き合う!合同労組 対応の基本原則」の第21回<企業活動への妨害行為(2)>(秋月良子弁護士担当分)が掲載
2013/11/11
『労働新聞』に連載「どう向き合う!合同労組 対応の基本原則」の第18回<会社役員私宅への街宣活動>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2013/11/04
『労働新聞』に連載「どう向き合う!合同労組 対応の基本原則」の第17回<街宣活動>(小池啓介弁護士担当分)が掲載
2013/10/28
『労働新聞』に連載「どう向き合う!合同労組 対応の基本原則」の第16回<ビラ配布>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2013/10/14
『労働新聞』に連載「どう向き合う!合同労組 対応の基本原則」の第14回<団交の妥結(労働協約の意義・効果)>(秋月良子弁護士担当分)が掲載
2013/10/07
『労働新聞』に連載「どう向き合う!合同労組 対応の基本原則」の第13回<情報開示など周辺的な要求>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2013/09/16
『労働新聞』に連載「どう向き合う!合同労組 対応の基本原則」の第11回<便宜供与要求>(小池啓介弁護士担当分)が掲載
2013/09/09
『労働新聞』に連載「どう向き合う!合同労組 対応の基本原則」の第10回<二重在籍と団体交渉>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2013/08/26
『労働新聞』に連載「どう向き合う!合同労組 対応の基本原則」の第8回<団交日時・場所・人数の決定>が掲載
2013/08/19
『労働新聞』に連載「どう向き合う!合同労組 対応の基本原則」の第7回<突然来社した合同労組への対応>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2013/08/05
『労働新聞』に連載「どう向き合う!合同労組 対応の基本原則」の第5回<管理職が加入する合同労組>(小池啓介弁護士担当分)が掲載
2013/07/22
『労働新聞』に連載「どう向き合う!合同労組 対応の基本原則」の第4回<労組法上の労働組合か>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2013/07/08
『労働新聞』に連載「どう向き合う!合同労組 対応の基本原則」の第2回<労組としての特性>が掲載
2013/07/01
『労働新聞』に連載「どう向き合う!合同労組 対応の基本原則」の第1回<労働組合の状況と合同労組の意義>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2013年1月~2013年6月
2013/06/24
『労働新聞』に連載「企業を守る メンタルヘルス リスク管理」の第23回(最終回)<使用者のなすべき配慮>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2013/06/17
『労働新聞』に連載「企業を守る メンタルヘルス リスク管理」の第22回<業務上疾病認定>(小池啓介弁護士担当分)が掲載
2013/06/10
『労働新聞』に連載「企業を守る メンタルヘルス リスク管理」の第21回<復職後の再発・休職>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2013/05/27
『労働新聞』に連載「企業を守る メンタルヘルス リスク管理」の第19回<復職者の降格と賃下げ(1)>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2013/05/20
『労働新聞』に連載「企業を守る メンタルヘルス リスク管理」の第18回<リハビリ勤務>が掲載
2013/05/13
『労働新聞』に連載「企業を守る メンタルヘルス リスク管理」の第17回<休職期間満了による退職・解雇>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2013/04/22
『労働新聞』に連載「企業を守る メンタルヘルス リスク管理」の第15回<復職判断と診断書>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2013/04/15
『労働新聞』に連載「企業を守る メンタルヘルス リスク管理」の第14回<復職可否の判断>(小池啓介弁護士担当分)が掲載
2013/04/08
『労働新聞』に連載「企業を守る メンタルヘルス リスク管理」の第13回<休職中の従業員への対応>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2013/03/25
『労働新聞』に連載「企業を守る メンタルヘルス リスク管理」の第11回<休職命令時の注意事項>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2013/03/11
『労働新聞』に連載「企業を守る メンタルヘルス リスク管理」の第9回<不調者への退職勧奨・解雇>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2013/02/25
『労働新聞』に連載「企業を守る メンタルヘルス リスク管理」の第7回<不調者発見時の対応>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2013/02/18
『労働新聞』に連載「企業を守る メンタルヘルス リスク管理」の第6回<不調者の発見>(小池啓介弁護士担当分)が掲載
2013/02/11
『労働新聞』に連載「企業を守る メンタルヘルス リスク管理」の第5回<会社担当者の役割>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2013/01/28
『労働新聞』に連載「企業を守る メンタルヘルス リスク管理」の第3回<罹患歴と採用>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2013/01/14
『労働新聞』に連載「企業を守る メンタルヘルス リスク管理」の第1回<対策実施の意義>(岡芹健夫弁護士担当分)が掲載
2012年7月~2012年12月
:岡芹健夫、廣上精一、安倍嘉一、小池啓介、米倉圭一郎による持ち回り連載
2012/12/24
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による「緊急連載・改正労働者派遣法の実務対応」最終回「これからの行方(2)」掲載
2012/12/10
『労働新聞』に小池啓介弁護士による「緊急連載・改正労働者派遣法の実務対応」第22回「附帯決議(2)」掲載
2012/11/26
『労働新聞』に「緊急連載・改正労働者派遣法の実務対応」第20回「法律の名称変更」掲載
2012/11/19
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による「緊急連載・改正労働者派遣法の実務対応」第19回「欠格事由の追加」掲載
2012/10/29
『労働新聞』に「緊急連載・改正労働者派遣法の実務対応」第16回「申込みみなし制度(3)」掲載
2012/10/22
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による「緊急連載・改正労働者派遣法の実務対応」第15回「申込みみなし制度(2)」掲載
2012/10/01
『労働新聞』に小池啓介弁護士による「緊急連載・改正労働者派遣法の実務対応」第13回「マージン率等の公開」掲載
2012/09/17
『労働新聞』に「緊急連載・改正労働者派遣法の実務対応」第11回「無期雇用化の促進」掲載
2012/09/10
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による「緊急連載・改正労働者派遣法の実務対応」第10回「離職者の受入問題」掲載
2012/08/20
『労働新聞』に「緊急連載・改正労働者派遣法の実務対応」第7回「日雇派遣(4)」掲載
2012/08/13
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による「緊急連載・改正労働者派遣法の実務対応」第6回「日雇派遣(3)」掲載
2012/07/23
『労働新聞』に小池啓介弁護士による「緊急連載・改正労働者派遣法の実務対応」第4回「日雇派遣(1)」掲載
2012/07/09
『労働新聞』に「緊急連載・改正労働者派遣法の実務対応」第2回「登録型派遣」掲載
2012/07/02
『労働新聞』に岡芹健夫弁護士による「緊急連載・改正労働者派遣法の実務対応」第1回掲載(当事務所の弁護士による持ち回りで連載)
2011年5月~2012年4月
:高井伸夫
2012/04/01
『月刊公論』に高井伸夫弁護士による連載「高井伸夫のリーダーの条件」第12回「日本が希望の持てる国であるために-『志』あるリーダーが明日の日本を作る」」掲載
2012/03/01
『月刊公論』に高井伸夫弁護士による連載「高井伸夫のリーダーの条件」第11回「地域の特色を発揮、グローバル化を目指す-密着型より地域振興型企業へ」掲載
2012/02/01
『月刊公論』に高井伸夫弁護士による連載「高井伸夫のリーダーの条件」第10回「いまの時代にふさわしい「コンプライアンス」「危機管理」の要諦はなにか-経営者の志を守るために」掲載
2012/01/01
『月刊公論』に高井伸夫弁護士による連載「高井伸夫のリーダーの条件」第9回「日本企業が海外で成功するには-優秀な人材を尊重し現地での良心経営をおこなう」掲載
2011/12/01
『月刊公論』に高井伸夫弁護士による連載「高井伸夫のリーダーの条件」第8回「女性経営者・管理職について-組織の活性化のために女性をあえて登用する実務の重要性」掲載
2011/11/01
『月刊公論』に高井伸夫弁護士による連載「高井伸夫のリーダーの条件」第7回「異業種の多様な人との交流の重要性-飛躍的思考こそ新規事業のカギ」掲載
2011/10/01
『月刊公論』に高井伸夫弁護士による連載「高井伸夫のリーダーの条件」第6回「求められるスピード、革新者たる能力-『すぐやる』を企業内で徹底」掲載
2011/09/01
『月刊公論』に高井伸夫弁護士による連載「高井伸夫のリーダーの条件」第5回「『気』がある人こそリーダーになれる 経営の推進力は『気』の発する迫力が生み出す」掲載
2011/08/01
『月刊公論』に高井伸夫弁護士による連載「高井伸夫のリーダーの条件」第4回「身を捨ててこそ浮かぶ瀬 私心なきことの重要性」掲載
2011/07/01
『月刊公論』に高井伸夫弁護士による連載「高井伸夫のリーダーの条件」第3回「これからのリーダーシップ 貧しくなる日本社会の中で新たな共同体経営を目指す」掲載
2011/06/01
『月刊公論』に高井伸夫弁護士による連載「高井伸夫のリーダーの条件」第2回「リーダーに不可欠なカリスマ性 全員を心服させる魅力~『好ましい不思議さ』を彩る人 人格、識見、手腕、力量が条件」掲載
2011/05/01
『月刊公論』に高井伸夫弁護士による連載「高井伸夫のリーダーの条件」第1回「リーダーは明確な指針を そして迅速に実行に移すこと」掲載
2010年1月~2012年2月
:高井伸夫
2012/02/27
『労働新聞』に高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道 第26回(最終回)掲載
2012/01/30
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第25回掲載
2011/12/26
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第24回掲載
2011/11/28
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第23回掲載
2011/10/24
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第22回掲載
2011/09/26
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第21回掲載
2011/08/29
『労働新聞』に高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第20回掲載
2011/07/25
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第19回掲載
2011/06/27
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第18回掲載
2011/05/30
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第17回掲載
2011/04/25
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第16回掲載
2011/03/28
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第15回掲載
2011/02/28
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第14回掲載
2011/01/31
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第13回掲載
2010/12/16
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第12回掲載
2010/11/18
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第11回掲載
2010/10/25
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第10回掲載
2010/09/27
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第9回掲載
2010/08/30
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第8回掲載
2010/07/26
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第7回掲載
2010/06/28
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第6回掲載
2010/05/27
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第5回掲載
2010/04/26
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第4回掲載
2010/03/29
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第3回掲載
2010/02/22
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」第2回掲載
2010/01/25
『労働新聞』にて「高井伸夫弁護士の人事労務 散歩道」連載開始。
2007年9月~2009年12月
:高井伸夫
2009/12/28
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(10)09年冬号(年末)「上司の教育的役割」下「時には修羅場体験も必要~部下の迷いや不安感を払しょくへ」掲載
2009/12/21
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(10)09年冬号(年末)「上司の教育的役割」上「愛情と責任を持ち指導を~『報告・連絡・相談』が第一歩に」掲載
2009/10/26
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(9)09年秋号「人事・労務の未来」4・終「真性成果主義の導入へ~働きがいと誇りある職場に」掲載
2009/10/19
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(9)09年秋号「人事・労務の未来」3「若年労働力の活性化を~人口急減、人材衰退に対処」掲載
2009/10/12
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(9)09年秋号「人事・労務の未来」2「公正・公平評価が不可欠~アナログ的な要素も加味し」掲載
2009/10/05
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(9)09年秋号「人事・労務の未来」1「心身健康と人間性尊重を~企業構成員の能力発揮に向け」掲載
2009/07/27
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(8)09年夏号「経営理念と賃金ダウン」下「美しく老いるべきー日本~経営者は将来展望を明確に示せ」掲載
2009/07/20
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(8)09年夏号「経営理念と賃金ダウン」中「『受忍』すべき不利益変更~最高裁が時代に即した判断示す」掲載
2009/07/13
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(8)09年夏号「経営理念と賃金ダウン」上「『共感』の醸成が不可欠~経営者は率先し大幅カット」掲載
2009/05/25
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(7)09年春号「リストラの本質と手法-恐慌下の諸現象をふまえて」5・終「マルチ・ジョブを拡大~労働契約法の改正が必要に」掲載
2009/05/18
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(7)09年春号「リストラの本質と手法-恐慌下の諸現象をふまえて」4「人件費削減が"義務化"~役員・経営幹部から先鞭を」掲載
2009/05/11
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(7)09年春号「リストラの本質と手法-恐慌下の諸現象をふまえて」3「『大義名分書』が必要~3ヶ月以内で素早く決着を」掲載
2009/05/04
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(7)09年春号「リストラの本質と手法-恐慌下の諸現象をふまえて」2「雇用調整は実力基準で~判例・立法も容認する方向」掲載
2009/04/27
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(7)09年春号「リストラの本質と手法-恐慌下の諸現象をふまえて」1「コスト削減を最優先に~"脳梗塞"回復へ8年は必要」掲載
2009/02/23
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(6)09年冬号「雇用の未来」5・終「世界に誇れる品格形成を~ディーセント・ワーク実現し」掲載
2009/02/16
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(6)09年冬号「雇用の未来」4「従属労働から脱却を~専門性確立が不可欠に」掲載
2009/02/09
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(6)09年冬号「雇用の未来」3「労働成果を均しく評価~正規・非正規の区別なくし」掲載
2009/02/02
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(6)09年冬号「雇用の未来」2「請負的な契約に転換を~正社員への『優遇』も消滅」掲載
2009/01/26
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(6)09年冬号「雇用の未来」1「柔軟な解雇法制めざせ~雇用確保と両立も可能」掲載
2008/11/03
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(5)08年秋号「人材グローバル化」5・終「多くの日本ファン作れ~人事労務制度がカギに」掲載
2008/10/27
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(5)08年秋号「人材グローバル化」4「"新三種の神器"追及を~学習権、多様性、成果主義」掲載
2008/10/20
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(5)08年秋号「人材グローバル化」3「個人主義と衝突は必須~自ら変質させ包容力を」掲載
2008/10/13
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(5)08年秋号「人材グローバル化」2「政府関係者との交流を~中国内で信頼築く条件に」掲載
2008/10/06
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(5)08年秋号「人材グローバル化」1「人種的問題がネックに『繊細な商品』で展望開け」掲載
2008/08/18
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(4)08年夏号「管理監督者問題の本質」6・終「二本立て『役割手当』導入を~志願制や意義・同意見も認める」掲載
2008/08/11
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(4)08年夏号「管理監督者問題の本質」5「部下の賃金総額で判断~新しい数値的基準を提案」掲載
2008/08/04
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(4)08年夏号「管理監督者問題の本質」4「裁判所は現場理解誤る~マクドナルド判決に反論」掲載
2008/07/28
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(4)08年夏号「管理監督者問題の本質」3「スタッフ職(下)上位・一般などに区分~労基法の再構成が必要」が掲載
2008/07/21
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(4)08年夏号「管理監督者問題の本質」2「スタッフ職(上)労基法は実態から遊離~弥縫策に過ぎない法改正」
2008/07/14
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(4)08年夏号「管理監督者問題の本質」1「自己犠牲的精神が重要~賃金や処遇問題は二の次」掲載
2008/05/12
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(3)08年春号「ハートワーク時代のメンタルヘルス」下「高い発症率肝に銘じて~管理職は心理学の勉強を」掲載
2008/05/05
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(3)08年春号「ハートワーク時代のメンタルヘルス」中「リハビリ勤務が不可欠~再発の可能性に要注意を」掲載
2008/04/28
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(3)08年春号「ハートワーク時代のメンタルヘルス」上「心理的治療が不可欠に~壊れ易い "ハート"へ対処」掲載
2008/02/04
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(2)08年冬号「注目すべき『キャリア権』」下「国による公認が不可欠~労働者へは対価の保証を」掲載
2008/01/28
『労働新聞』に「高井伸夫弁護士の<四時評論>」(2)08年冬号「注目すべき『キャリア権』」中「採用、評価、異動と連動~『長距離走』のエンジンに」掲載
2008/01/21
『労働新聞』に「髙井伸夫弁護士の<四時評論>」(2)08年冬号「注目すべき『キャリア権』」上「企業は積極的に肯定を~新しい時代へ役割果たせ」掲載
2007/09/24
『労働新聞』に髙井伸夫弁護士の<四時評論>(1)07年秋号「格差問題の根本原因」下「『強調』と『競争』を一体化~人事評価は司法制度参考に」掲載
2007/09/17
『労働新聞」に「髙井伸夫弁護士の<四時評論>」(1)「格差問題の根本原因」上「自由主義における"必然"~土俵変えて再チャレンジを」掲載

連載以外の論稿

2016/12/16
2016/11/30
2016/11/30
2016/10/28
2016/10/17
2016/10/15
2016/10/14
2016/09/23
2016/09/15
2016/09/08
2016/09/02
2016/08/15
2016/08/12
2016/07/22
2016/07/15
2016/06/10
2016/05/15
2016/04/15
2016/04/08
2016/03/25
2016/03/15
2016/03/11
2016/02/26
2016/02/16
2016/02/12
2016/01/15
2015/12/25
2015/12/15
2015/12/11
2015/11/27
2015/11/13
2015/10/15
2015/10/06
2015/09/25
2015/09/11
2015/08/14
2015/07/06
2015/06/26
2015/06/16
2015/05/30
2015/05/22
2015/05/15
2015/05/01
2015/04/24
2015/04/15
2015/03/13
2015/03/13
2015/02/27
2015/02/13
2015/01/15
2015/01/12
2014/12/26
2014/12/15
2014/12/12
2014/12/01
2014/11/24
2014/11/17
2014/11/14
2014/11/14
2014/11/14
2014/11/14
2014/10/24
2014/10/10
2014/09/12
2014/08/15
2014/07/25
2014/07/15
2014/06/27
2014/06/13
2014/06/13
2014/06/01
2014/05/09
2014/04/15
2014/04/01
2014/02/28
2014/02/14
2014/01/10
2013/12/27
2013/12/13
2013/11/22
2013/11/08
2013/10/25
2013/10/15
2013/09/01
2013/07/12
2013/04/20
2012/12/25
2012/03/20
2012/03/20
2012/01/10
2011/08/21

前のページにもどる前のページにもどる

取扱業務
弁護士紹介
顧問契約について
中国業務 沿革・業務内容

弁護士コラム


弁護士ピックアップ 企業とLGBT

弁護士解説 企業とハラスメント

フランチャイズコラム

高井・岡芹法律事務所発行「経営法務情報 Management Law Letter」

中国情報

メールマガジン「Management Law Letter Online」
高井伸夫ブログ「無用の用」高井伸夫の交友万華鏡

高井・岡芹法律事務所
〒102-0073
東京都千代田区九段北4-1-5
市ヶ谷法曹ビル902号室
TEL:03-3230-2331
FAX:03-3230-2395
アクセス
お問い合わせ

上海代表処
中華人民共和国
上海市人民路998号
金天地国際大厦1205室
TEL:021-6326-3726
FAX:021-6326-3736
アクセス

北京代表処
中華人民共和国
北京市朝陽区
建国路93号院
万達広場3号楼1908室
TEL:010-5820-7818
FAX:010-5820-8238
アクセス