2011年8月30日のアーカイブ

 8月23日(火)から27日(土)まで、私は北京と上海へ行って参りました。今回の出張では、23日(火)午前11時過ぎ(日本時間正午過ぎ)北京空港に降り立ちました。空港では当事務所北京代表処上席顧問律師 王建寧先生が出迎えて下さいました(王建寧先生については、【交友録 その8】8月第4週<8月21日(日)~8月27日(土)>をご覧ください。)。つづいて、25日(木)朝7時(日本時間8時)に北京空港を出発し、上海の虹橋空港へ9時10分(日本時間10時10分)に到着しました。そして、27日(土)朝9時10分発(日本時間10時10分)の飛行機で上海を出発し12時40分に帰国しました。

 

 

 今回の「歴訪記 その3」では、中国滞在中に訪れた様々な場所についてご紹介させていただきます。

 

 

 以前ブログでご説明したことがありますが、ブログに掲載している花の写真は私が撮影しております。中国でも夏のことで花が少なかったのですが、一瞬一刻の開放感を求めて花の写真を撮影して参りました。

 

 

(1)北京語言大学

20110830①.JPG

(2011年8月24日(水)日本時間 午前10:11 北京語言大学にて撮影

 

 

 私は外国に行く際には、努めて大学を訪問することにしています。大学にお邪魔することによって、その国の知的世界に少しでも浸ること、ひいては外国の大学で講演をさせていただくことを期しているからです。

 

 私が最初に講演をしたのは、1990年6月モスクワ大学法学部です。ここでは、「日本の中小企業の法制度」についてお話をさせていただきました。二番目に講演をしたのは、1991年10月北京大学法学部においてでした。講演のテーマは「日本経済の発展と法制」と題して安保条約が締結された1960年から1969年までの10年間に制定された法律と産業の発展との関係について論じるというものでした。他にも海外の大学で講演をさせていただいたことがありますが、いささか冗長になりますから省略いたします。

 

 さて、今回の訪中では、北京語言大学を訪問しました。【交友録 その8】 8月第4週<8月21日(日)~8月27日(土)>で述べたとおり、当事務所弁護士萩原大吾君が中国語を習熟するべく勉学に励んでいる大学であるからです。

 

 同大学は、北京市郊外にありますが、中国政府教育部直属の大学であり、来年には創立50周年を迎えるそうです。外国人に対する中国語教育で著名な名門大学であり、同大学のホームページによれば、開学以来、全世界の176カ国以上の国と地域からの12万名以上の留学生の育成に関与してきたとのことです。2010年度には、中国人学生3万5千人余と、外国人留学生8千6百人余が在籍しています。中国語の検定試験として世界的に有名な「HSK」も、ここ北京語言大学で開発、研究され、運営もされています。「HSK」とは、母語が中国語ではない者(外国人、華僑、中国国内少数民族を含む)の中国語能力水準を検定するために設立された国家レベルの標準化試験のことです。同大学の正門正面にある一番主要な校舎には「新しい教育理念を創造し、今までの教育理念を強化し、中国語に関する国際教育の水準を高めよう」という趣旨の標語がかかっており、同大学の中国語教育に対する意気込みを感じることができました。

20110830③.JPG

 (2011年8月24日(水)日本時間 午前10:03 北京語言大学にて撮影

  

【HSKについて】

http://www.hsk.org.cn/Centerintro_J.html

【北京語言大学】

http://www.blcu.edu.cn/blcuweb/japanese/index-jp.asp 

 

 実際に私がキャンパスを20~30分歩いたところ(中国人の感覚からはかなり狭い敷地だそうですが、外壁に沿って歩けば優に1時間以上はかかる広大なキャンパスでした。)、欧米系、アフリカ系、アラブ系、アジア系など、ほぼ世界中といっても過言ではないほどに実に多彩な国からの留学生が見受けられ、ごくごく普通の姿で歩いている姿を目にしました。聞けば華僑の子弟の留学生もとても多く、学生の多様性という点で、英語学習のための語学留学とは明らかに異なる様相でした。学生の殆どはキャンパス内にある17棟の宿舎に住んでいるとのことです。一部の外国人留学生は別として、中国人学生は一部屋に6人から8人程度が一緒に住んでおり、文字通り4年間寝食を共にするわけですから、非常に強い絆が築かれるそうです。

 

 キャンパス内には、いくつもの教室棟や、大きなグラウンドや何面ものテニスコートやバスケットコート、立派な図書館があり、それらの基本的な建物等のほかにも、鉄筋5階建ての立派な巨大な食堂棟、売店、果物屋、コーヒーショップ、コンビニエンスストア、郵便局の出張所、理髪店、書店、温水プール付きのジム、カラオケ店、来客用の宿泊施設までありました。このように日常生活に必要なものがキャンパス内に揃っているので、数ヶ月全くキャンパスから出ないで生活する学生もいるそうです。

 

 さて、キャンパス内を歩いていた際、一人路上で円を描くように歩いている学生がいました。近づいてみると、ICレコーダーを片手に、必死にフランス語の教科書を暗唱していることがわかりました。多くのクラスメイトと一緒に住む部屋では勉強は捗りませんし、声を出しての暗唱は図書館でもできません。修行僧のように勉学に一身に打ち込む姿にとても感銘を受けた次第です。

 

 中国において、イラン系の学生をみることが時々ありますが、それはシルクロードを背景とするアーリア系中国人が往々にして大学に入っているからです。

 中国では大学に入るということは、実は非常に厳しい、難しいことです。大学のランキングが公然とされており、また成績が優秀でないととても入学が許可されません。北京語言大学周辺では10以上の大学が隣立していますが、「それらの大学は80点以上でないととても入れない」という王建寧先生の説明がありました。要するに、古から中国社会は選抜社会ですが、現代の中国においても、きわめて厳しく選抜が運用されているということです。なかでも一番厳しい選抜が行われているのは、共産党の党員です。要するに共産党は優秀な人材の教育・育成のため精力的に力を注いでいます。これが、中国共産党のリーダーシップの源泉となっているのでしょう。そして、そのことが、実は共産党を一党独裁ながらも、なお国民を指揮する、政権を維持する原点となっているということに気づかなければなりません。

 

 

(2)朝陽公園 

 

 

 8月24日(水)、(1)の北京語言大学を訪問した後、午前10時から20分間、北京市朝陽区にある「朝陽公園」を散歩しました。

 南北の長さは約28キロで、東西の幅は約15キロと、総面積280ヘクタール以上もある大きな公園でした。280ヘクタールというと、私も折々朝の散歩に訪れる東京都千代田区の日比谷公園は約16ヘクタールですから、日比谷公園の17倍以上の広さです。北京市四環以内の最大の都市公園だそうで、1984年に工事を開始し、20年後の2004年9月15日に公園全体の開放を開始したそうです。

【参考】

http://bciw.bjchy.gov.cn/feature/chypark.html

 

夏のことで少ししか撮影できませんでしたが、花を撮影しました。

 

20110830④.JPG

(2011年8月24日(水)日本時間 午前11:03 朝陽公園にて撮影)

 

 

(3)ABC Cooking Studio2号店・上海環球金融中心スタジオ 

 

 8月26日(金)午前11時、上海の浦東にあるABC Cooking Studio2号店・上海環球金融中心スタジオにお邪魔しました。同スタジオは東京でいうと「丸の内」のような場所にあり、上海市内で1番高いビルの2階にあります。 

 木下忍様、粟野幸恵様等のご案内を受けました。2号店が7月に開店されたばかりにも拘らず十分な成果を上げられ、すでに1500人近くの生徒さんを要しておられるとお聞きして、大変嬉しい限りでした。

 

 さて、6月17日付「気」のブログ第1回の記事にて、「男性と女性では生命力、つまりエネルギーが違い、女性のエネルギーこそ男性のエネルギーに勝る」といったことを書きましたが、ABC Cooking Studioでは、まさにこの女性のエネルギーを上手く活用されて、躍進に次ぐ躍進を遂げられています。私に同行してくださった知久信義様も、今回同店を訪問し、「女性がリーダーシップを発揮して生き生きと働き、ピカリと光った職場の姿」という印象をお話されていました。

 

 私は、2005年4月に同社で内紛が起こった以降、関与させていただいておりますが、見事内紛を克服され、当時は生徒数は8万人でしたが、現在では25万人もの方が料理を学んでいることは、まさに女性のエネルギーの賜物であると存じます。

 

 中国においては、5年で50店舗を開店される計画とのことですが、中国でも日本と同様に、女性のエネルギーを活用されれば、5年以内に達成されるものと確信しています。

 

 今後は、日本の市場は、破たん的な状況に陥ることは目に見えています。それ故、海外の市場はどの企業にとっても大切でありますが、ABC Cooking Studioと同様に、女性を活用することが必要でしょう。

 

 同店の女性達と一緒に写真をとりました。皆さん若々しくて元気はつらつでした。

 20110830②.JPG

(2011年8月26日(金)日本時間 午後12:14  ABC Cooking Studio2号店・上海環球金融中心スタジオにて撮影)

語言大学にて.JPG    (2011年8月24日(水) 日本時間 午前10:07 北京語言大学にて撮影)

 

 

(1)当事務所北京代表処 上席顧問 王建寧先生

 

 8月23日(火)、午前11時30分(日本時間午後12時30分)に、北京空港で、当事務所北京代表処 上席顧問 王建寧先生が私たち(当事務所顧問の知久信義様,有限会社セカンドステージ代表取締役社長鮒谷周史様が同行して下さいました)一行を出迎えて下さいました。王先生との出会いは、2003年2月で、まったく偶然のことといってよいでしょう。しかし、必然でもありました。私は、講談社から、2002年10月に、「中国で成功する人事労務の戦略戦術」という書籍を出版しましたが,王先生が、その書籍を読んで下さり、感激されて,わざわざ北京から、私の事務所に訪問して下さったのです。それ以来、9年来、ご縁をいただいています。

 

王先生.JPG 

(2011年8月24日(水)日本時間 午後16:02 王建寧先生)

 

 王先生は、東京 野村証券本店で10年ほどお仕事をされており、その後中国へ帰国され、中国の弁護士資格を取得され、日中友好のために弁護士活動をされています。派手な方ではありませんが,頭脳明晰な方で、かつ、コンプライアンスに徹底する、中国では珍しい弁護士でいらっしゃいます。私は、王先生を信頼しきっており、色々なことでご相談申し上げておりますが、直近のご相談は、小生の北京代表処に、中国人弁護士を新たに活用することであり、王先生のお知恵とお力をお借りしたいとお願いしていることです。当事務所萩原大吾弁護士が、今年6月中旬より8月末まで北京語言大学で中国語習得に励んでおられ、この9月から、北京代表処で勤務を開始します。萩原弁護士は、中国語を相当マスターしている弁護士ではありますが、萩原弁護士の支えとして、中国人の弁護士が必要であるのではないかと判断したからです。

 

 王先生は、私の北京代表処が黒字にならない限り、中国人弁護士を採用する必要はないのでは、という現実的なアドバイスをくださいましたが、私は、敢えてチャレンジして、中国人弁護士を迎え入れようと考えているのです。

 

 王先生のご趣味は、きわめて多岐にわたりますが、私の知っている限りでは、絵画、骨董等、美術に大いにご興味があるようです。私は、王先生から中国画(国画)の掛け軸をいただき、それを東京事務所の入り口にも飾っております。

 

 王先生の奥様は、汪文華様で、日本のNHKにあたる中国中央電視台においてプロデューサーを務められておられ、世界を股に活躍されています。この8月も、アメリカへ赴いてお仕事をされたそうです。汪文華様も、また非常に日本文化に理解のある方で、親日家でいらっしゃり、私は2年か3年に1回、東京でお会いさせて頂いております。直近では、今年の2月9日(水)に、東京都港区芝「とうふ屋うかい」にて開催した会食会でお会いしました。

 

 王先生に見守られて、今後北京代表処は発展していかなければならない時期にいると改めて感じました。というのは、北京が3か月前の状況と変わって、更に一層発展しているからです。私の講談社の書籍をきっかけにして、王先生の日中友好へかける思いが、今日の私とのご縁をもたらしてくださったのですから、これを実りあるものにするには、私も高齢ではありますが、引き続きの努力をさせていただくとともに、新しく赴任し勤務を開始する萩原弁護士が、大活躍することが必要であるでしょう。

 

 中国社会は非常にナイーブな状況ですが、しかし,共産党政権を変えてでも、改善しようという意向は大衆にはありません。共産党政権こそが、今後も中国社会をリードしていくものであるという意識で、大衆が対応しているのではないかと拝察しております。その意味において、中国の民主化への歩みは遅々としておりますが,期待している次第です。

 

10月26日~29日にかけて、私は台湾へ赴く予定ですが、王先生もお招きいたしました。その際の王先生とのやり取りは、改めて本ブログに掲載させていただきます。

 

 

(2)三井住友銀行(中国)有限公司 北京分行 金 昌雪様

 

金様.JPG

(2011年8月24日(水)日本時間 午後12:16 金昌雪様)

 

 24日(水)11:00頃,三井住友銀行北京分行の金昌雪様にお会いしました。久しぶりに三井住友銀行にお邪魔しましたが,私が以前お邪魔した2008年8月には,25年も使っている今に比べれば小さな事務所でしたが,本日お邪魔した新しい事務所は大変立派なオフィスになっていました。

 

 三井住友銀行(中国)有限公司は,三井住友銀行の全額出資により,2009年4月27日(3年前)に正式に中国政府から認可をとり,金融機関として認められました。上海に本店をおき,中国全土に8つの支店と4つの出張所,2つの駐在員事務所があり,大々的に事業を行っています。上海の本店には,600名の行員を抱えているそうですが,蘇州支店は200名,広州支店は150名で,北京支店は少なくて60名とのことでした。

 

 金様と初めてお会いしたいきさつは,当事務所初代中国室顧問であった足代清様でした。足代様とは,銀座のバーでお会いしました。いつも静かにお酒をたしなまれて,長居している足代様と,ひょんなことからお話しを交わすようになり,「一度住友銀行の東京本部においで下さい」とおっしゃるので,住友銀行東京本部(現三井住友銀行大手町本部ビル)にお邪魔しましたところ,もう足代様は定年を迎えられ国際総括部の顧問でいらっしゃったにも拘らず個室をお持ちでした。当時個室を持っていたのは,頭取・巽外夫様と足代様だけだったと思います。

 

 足代様が三井住友銀行を退職された後,1997年に足代様を当事務所顧問に迎え,その翌年だったと思いますが、元部下であった金様を北京でご紹介していただきました。金様も,足代様も,お酒が好きな方ですが,酒席が縁で,このような深い縁に恵まれ私の人脈が繋がっていくことは素晴らしいことだと思います。

 

 ご紹介いただいた当時課長であった金様は,その頃から極めて巧みな日本語で,日本人と遜色のない,むしろ日本人以上にコミュニケーションの良くとれる方で,将来出世するな,と確信しておりました。まさにその通りとなり,北京支店の副行长となられ(行长は日本人の方です),また,总行行长経理助理(三井住友銀行中国有限公司の社長補佐)をされておられます。わずか10年でトップに上り詰めたことは,本当に素晴らしいことですが,ご苦労も,ご心労も多かったことかと思います。しかし,それを意識させない軽やかな口調でお話を続けられる姿にはいつもながらに感銘を受けていました。

 

 金様との思い出は,仕事の上のことではありませんが、中国の社会情勢を色々と教えていただいています。

  

 金様が課長時代に,私が北京の中国法学会で講演した際も,サポートしていただきました。そのとき中国法学会から与えられていたテーマは,弁護士以外の日本の資格者について述べるというものでしたが,司法書士,行政書士,社会保険労務士といった様々な資格者を紹介しました。その話を聞いてくださった金様が,「将来,定年後は行政書士の資格を取得したい」とおっしゃったことに驚きました。中国には行政書士という資格はありませんでしたが、いかに金様が勉強家であるか,よくわかると思います。

 

 さて,金様は三井住友銀行の本店で研修を受けるため度々日本にいらっしゃったこともあり,日本文化にお詳しいのですが,私を北京のそごう百貨店にある吉野家に連れて行ってくださったことが印象深い思い出です。牛丼をいただいた後,金様が私に,「この牛丼は少し変ではありませんか」と質問されたので,私は「いえ,美味しかったです」と申し上げたら,「この吉野家には紅ショウガがないのです」とおっしゃいました。それを受けて,私はその後,実際に,吉野家の社長にその事実をお伝えし,それを受けて吉野家が調べたところ,北京そごう店では,紅ショウガは横流ししていた上に,日本から輸入した純正の醤油ではなくて,安ものにすりかえていたことが判明したそうです。

 

 この他,金様とお話をする際は,何かと食べ物の話が多いのですが,金様のお子様がお寿司を食べたいとねだるので,週末にはお寿司の話が話題に上らないよう苦労されているという微笑ましいお話をお聞きしました。どうやら,お子様がお友達とお寿司屋さんのお話をされているそうで,どこどこのお寿司が美味しかったというお話を聞くと,金様に連れて行ってもらえるようねだられるそうです。このように,北京でも大変な寿司ブームが続いていたようです。日本では寿司文化,寿司職人は少し廃れつつあると聞きます。日本人はものづくりというものに対して,消極的になっています。言ってみれば,株やファンドといった心身に技を磨かない世界で生活する人が多くなっていて,これを解決するには,子弟を教育する制度を大幅に改革しなければなりません。

 

金様は,本年2月に満60歳の定年を迎えられましたが,会社の希望と御本人の希望とが合致して,あと3年の契約をされたそうです。私は,金様の人間性にいつも感心しております。一度日本の三井住友銀行本店の,金様を支えてくださっている方にお会いしたいと思っています。金様を高く評価されている,三井住友銀行の中枢の方にお会いすることが,日中友好に資するものであると信じているからです。具体的な氏名はここで明かすことはできませんが,金様が来日した際はその方とご一緒にお食事をしたいと申し上げました。

 

 

 

(3)画廊上海華氏文化発展有限公司 「華氏画廊」 華雨舟様

 

 村上画伯 (1).JPG

(2011年8月26日(金) 日本時間 午前9:54 華氏画廊にて撮影)

 村上画伯(2).JPG(2011年8月26日(金) 日本時間午前9:56 華氏画廊にて撮影)

 

 8月26日(金)午前9時に,上海市准海西路にある華雨舟様の画廊「華氏画廊」へ訪問しました。私たち一行が画廊に到着したおり,華様はすでにお待ちくださっていました。26日は,台北でのアートフェア―に出席されるご予定だったということですが,26日に先立ち,20日に東京六本木で華様とお会いした際に、私が26日にご訪問させていただくことを申し上げたところ,台北行きを27日に変更して下さったのです。

 

 すなわち8月20日(土)は、午後19時から1時間30分ほど、東京六本木で華様にお会いしました。浦上蒼穹堂の浦上満様とご一緒に会食会を開催しましたが、美術の話で盛り上がったことはいうまでもありません。

 

浦上蒼穹堂HP http://www.uragami.co.jp/

 

 その会食会で華様は、将来日本の古い明治以降の画家の美術館を日本に作りたいと言うお話をされていました。また、その古い日本人の画家に学んだ戦前の中国人の多数の画家の作品も、その美術館に置きたいとお話しされていました。大変立派な目標を持たれていて、関心いたしました。

 

 また,華様は、アジアの中で一番安定している国は日本である、規則をよく守る国も日本である、将来は決して暗くなく、明るいものである、というお話を盛んにされました。そのことは、日本人の認識とはまったく異なるものでした。

 

 さて,華様は、1963年上海生まれで、1994年に東京都町田市にある和光大学人文学部芸術学科を卒業されましたが、そもそもは、画家になる心づもりでいらっしゃいました。しかし,自ら、画家としての才能が足りないということを悟られて、その後画商に転じられた方です。

 

 華様は,画廊上海華氏文化発展有限公司の代表で,「華氏画廊」のオーナーでいらっしゃいます。また,上海国際商品拍賣有限公司(オークション会社)の副総経理でもいらっしゃり,他の多くの美術商の方々に推薦されて副総経理になられたそうです。世界を股にかけたオークション等で活躍されています。

 

 私は、華様のご自宅を度々お邪魔させていただいておりますが,中国には珍しく、立派な一戸建てのお住まいで,それは、美術商として極めて精力的に励まれていたからにほかなりません。

 

 華様と私は1998年8月に初めてお会いしました。その時は、「華氏画廊」は上海仙霞路の小さなビルにありました。画廊に偶然小生が飛び込んで、お会いしたのです。

 

 そこには,王向明画伯の絵がありました。かつて、私がシンガポールに赴いた際に、ふらふらと画廊に寄り、素敵な絵を発見しましたが、それが王画伯の絵を見た初めてのことでした。その後、台北に行った際に、またまた画廊に寄り、そこで「California on the beach」という名前の、半抽象画の王画伯の絵を購入しました。これが王画伯の絵を入手した最初のことでした。この経緯を華様にお話ししたところ,まもなくして、南京西路にある王画伯のアトリエへ,華様のご案内で訪問することになりました(華様は,王画伯に今から15年前,1996年頃からご面識をお持ちでした)。今では,王画伯は、売れっ子画家として、中国でも相当の地位にいらっしゃる方ですが、こういったご縁で、私も王画伯の絵をいくつか、所有するに至りました。

 

 さて,その後、華様は、発展に発展を遂げられ、5度も画廊を移転され、「華氏画廊」はどんどん大規模な画廊になっていかれました。現在の「華氏画廊」は上海市准海西路にあり,上海博報堂のビルの隣にあるビルで,2年前にオープンされました。今では2000点を超える美術品を買い取り,保有されています。

 

 華様が評価され成功されている画商である一つの理由は,現実に作品を「購入して」画廊におき,それを評論される点にあると思います。日本の銀座には「華氏画廊」のような規模の画廊は存在しないし,そもそも,日本のほとんどの画廊に置いてある作品は「委託」であって,画商は買い取ってはいません。(この点,浦上蒼穹堂の浦上満様は,華様と同じく作品を「買い取って」いらっしゃいます。)

 

 8月26日には,個人コレクションとして集められているものも写真で見せていただきました。素晴らしい作品ばかりで,優に日本の美術館に匹敵するものであると拝察いたしました。私に同行してくださった知久信義様の弟様の知久正義様は画家であり,それゆえ知久信義様は審美眼をお持ちですが,華様のコレクションには心底驚いていらっしゃいました。

 

 さて,「華氏画廊」には,前回訪問した時(今年5月14日)よりも多くの村上隆画伯の絵が1階フロアーに展示されておりました。華東地区の代理店として販売活動に力を入れていらっしゃると言うことでした。村上画伯は,アジアにおけるモダンアートの旗手として世界的に活躍されており,ニューヨークのサザビーやロンドンのクリスティーズにおいて,最高級の評価を受けている方です。

 

 村上画伯の本画は,何千万円という価格であったため、到底私には購入できませんでしたので、前回5月14日には,村上画伯のリトグラフを二枚購入し(このリトグラフに、署名が無いゆえに,本物であるかどうかは定かではありませんが、私はそのリトグラフから「気配」を感じて、購入しました。),今回26日には,村上画伯の署名入りの自画像をリトグラフで購入しました。村上画伯の自画像はとても珍しいのです。2万元を切ると言うことでした。

 

 また,その他にも,26日には四川大学出身の若い作家の絵を1枚購入しました。これは,日本の美術館はもとより画商には,とても受け入れられないような,かなり先駆的な絵です。しかし,私はそこに「気配」を感じて購入したのです。「かなり先駆的」と言っても,「華氏画廊」にあるというだけで,それはそれなりの評価があるということではありますが。

 

 絵の持つ「気配」については,8月23日、私が今回中国へ向かう機内で読んだ、同日付日本経済新聞朝刊最終面「私の履歴書」の中で、日本画家の小泉淳作先生が、「じっくりと向き合い写生して、風景や静物が発する、生きている『気』をとらえたかった」と述べられていました。私は7月15日付ブログ記事「気を入れて」の記事内で、【気配を伝えるべく「気を入れる」ことが芸術家の仕事】という見出しで、東山魁夷先生の絵のことに触れ、それぞれの絵がもつ「気配」について述べましたが、まさにその通りであると思いました。

 

 また,草間彌生様の作品についてもお話が及びましたが,私がいささか草間様から昔譲っていただいた作品があると申し上げたところ,華様は是非譲って下さいと繰り返しおっしゃられて,今後またご訪問させていただくときに,そのお話しがあると思います。草間様の作品はいまや世界的に評価され,モダンアートの画家のひとりとして大活躍されていることは皆様もよくご承知のことだと思います。

ご利用案内

内容につきましては、私の雑感等も含まれますので、真実性や正確性を保証するものではない旨ご了解下さい。

→ リンクポリシー・著作権

カレンダー

2011年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

高井・岡芹法律事務所会長
弁護士 高井伸夫
https://www.law-pro.jp/

Nobuo Takai

バナーを作成