8月7日(日)、朝8時に釧路のホテルを出発し、中標津を経由して、午前10時45分頃、北海道野付郡別海町に位置する野付半島にある原生花園へ赴きました。

 

野付半島への道中では、信号に遮られることもない道を、車で走りまわって、北海道の夏の自然を大いに満喫しました。とりわけ嬉しく感じたことは、アブやブヨなどの昆虫類が、東京とは違って極めて活発で、昆虫取りなどに興じた私の少年時代の色々なシーンを思い出したことです。

 

さて、野付半島へ赴いた理由は、北方四島を遠望しようと思っていたからでした。しかしながら、大変残念なことに、天候に恵まれず、また絵葉書などを売っている売店も見当たりませんでしたので、やむなく「距離16kmの近くて遠い島 国後島」と書かれた看板を背に写真を撮ってもらいました。

 20110815.JPGのサムネール画像

(同日午前10時51分撮影)

 

この地域では、内地とは違って北方領土返還運動が盛り上がっているように思いましたが、そこにも少し陰りがきているのかとも感じました。これは日本の国力の低下とも、大いにかかわりがあるのではないかと思いました。

 

それから釧路空港へと向かい、同地に到着したのは午後の2時30分ごろのことでした。

 

小生は、来年同好の士を募って北方四島に行きたいと思っております。

 

別海町HP http://betsukai.jp/

 

 

ご利用案内

内容につきましては、私の雑感等も含まれますので、真実性や正確性を保証するものではない旨ご了解下さい。

→ リンクポリシー・著作権

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

高井・岡芹法律事務所会長
弁護士 高井伸夫
https://www.law-pro.jp/

Nobuo Takai

バナーを作成