IMG_4144.JPG

2014年6月15日(日)東京都文京区白山4丁目にてガクアジサイを撮影
花言葉:「移ろ気」

 

今回も、5月30日付記事より連載しております、私がお世話になっている長生堂 院長 齊藤治道先生によるエッセイ「自然治癒力を生かす『重心七軸調整法』」をご紹介いたします。

 


齊藤 治道  略歴

1954年 宮城県生まれ。23歳から治療の道に入る。
長生学園で長生医学(整体療法)を学び、関東鍼灸専門学校で鍼灸治療を学ぶ。
厚生労働大臣認定(鍼師、灸師、指圧マッサージ師)の免許にて開業。これまで述べ15万人あまりの相談者を施術。
各種整体、カイロプラクティックやOリングテストをはじめ鍼灸等東洋医学の研究、研鑽の結果「重心七軸調整法」の治療体系を編み出す。
長生堂(東京オフィス、仙台オフィス)院長
健体康心の集い(自己整体法である導引法を指導)主宰
著書 「図説導引法」(非売品)
日本長生医学会会員。日本バイデジタルOリングテスト医学会会員。少林寺拳法五段。

 

 

5-1 先天的知能(生まれながらに内在する叡智)の役割

 

※ 先天的知能と、自然治癒能力という言葉は重要なキーワードなので重複する。生命の根源的役割を果す先天的知能は、身体の正常な機能(健康)を維持運営するために、脳というスーパーコンピューター、兼発電所の発電源となり、そこで生まれた生命エネルギーは神経系を利用して全身末梢部へと伝達されている。

 

その結果、各器官は正常な生命活動を表現できるのである。これをもう少し単純に例えてみましょう。

 

① 中心のエネルギーは、先天的知能により脳という「発電所」で作られる。

② そのエネルギーは、神経という「電線」を通じ、全身に伝達される。

③ そして全身各組織の細胞に、生命の働きや機能を与える。

 

ただ身体を流れる生命エネルギーが、電気エネルギーと異なる点は、知的調和をもたらす「命令エネルギー」であるということである。

 

この知的エネルギーには、身体を正常に保とうとする修復力や回復力となる「力」が存在している。これを一般的に「自然治癒能力」又は「自然良能」と呼んでいる。

 

全身に網の目のようにはりめぐらされた神経、このどこか一ヶ所が切れると、その先の器官が力を失ってしまうことでも、この力の流れは、ある程度理解して頂けると思う。

 

 

5-2 統合された人体の仕組み=全機一能性

 

天地自然の妙は、仕組まれた無数の歯車がしっかり噛み合い、それぞれの役割を成すように人間の身体を創り出した。

 

身体の各部分を見ると、それぞれある程度の独立性を持ちながらも、その根底においては、全体に結びつけられ、全体の統御のもとにおかれて機能している。このような働きを「全機一能性」という。

 

右手も左手も、右足も左足も全部自分自身そのものである。昨今の西洋医学は、顕微鏡の発達から人体を細かく分析する技術が発達し、専門分野域はパーツ単位に細分化された医学になっており、そこには統合性が増々見失なわれる傾向になってきている。

 

前述したが、我が国の「専門医制評価認定機構」によると現在70あまりの専門医制が認定されている。

 

「全機一能性」の続きをもう少し述べると、循環器系は心臓を中心に血管を通して全身に血液を送る器官である。つまり心臓の働きは全身のために機能している。

 

従って「心臓は全身である」と言っても過言ではない。心臓というポンプを「根」とすると「枝」は全身の脈管である。顕微鏡でなければ見えない毛細血管が全体の95%を占め、全長では10万km(地球2.5週)と言われている。面積からしても心臓よりはるかに大きく、全身の細胞1つ1つに酸素をはじめ栄養やホルモンを送ったり、外気温に応じて血管を太くしたり、細くしたりして体温の調節をしている。精神的緊張の必要があると、自ら収縮して血圧を上げてそれに対処している。このような想像を絶する複雑な働きをスムーズに行っているのである。

 

 

5-3 その人の個性を把握することの重要性

 

医師をはじめ、治療師は人を健康に導く役割を担っている。

 

医学を志す者は、身体の構造と、その働きを探求することはもちろんのことであるが、更に進んで、その人の性格や生き方など、疾患の背景にある深層部まで立ち入らなければ、観えてこないものがある。

 

医師や治療家は本来「人間整備士」なのである。自動車の整備士は、車の構造をはじめ、機能、馬力、用途等すべてに精通してはじめて整備が可能になるように、「その人を知る」ことが治療の条件になってくる。

 

ただ人間は、車のような物体と大きく異なり、構造や機能がより精密でかつ複雑で、更にそこに精神が存在している。それは感情、本能、知性、理性、意思といったものが複雑に絡み合い、その考えるところは自由放蕩的である。まさに十人十色とはよく言ったものである。

 

従ってそのような人間すべてを知ることは、非常に困難極まるものであるが、その深部にある個性を把握することが治療上とても重要である。3~5分の診察時間でどこまで観えてくるのか? おそらく表面的な診察に終始するのが関の山ではなかろうか。

(長生堂 院長 齊藤治道)

 

次回は、Oリングテストについてお話いただきます。

 

 

ご利用案内

内容につきましては、私の雑感等も含まれますので、真実性や正確性を保証するものではない旨ご了解下さい。

→ リンクポリシー・著作権

カレンダー

2014年7月
« 6月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

高井・岡芹法律事務所会長
弁護士 高井伸夫
https://www.law-pro.jp/

Nobuo Takai

バナーを作成