IMG_4292.JPG

2014年7月16日(水)10:00 東京都芝公園にて
るりまつり(瑠璃茉莉)を撮影
花言葉:「ひそかな情熱」

 

 

今回も、5月30日付記事より連載しております、私がお世話になっている長生堂 院長 齊藤治道先生によるエッセイ「自然治癒力を生かす『重心七軸調整法』」をご紹介いたします。

 


齊藤 治道  略歴

1954年 宮城県生まれ。23歳から治療の道に入る。
長生学園で長生医学(整体療法)を学び、関東鍼灸専門学校で鍼灸治療を学ぶ。
厚生労働大臣認定(鍼師、灸師、指圧マッサージ師)の免許にて開業。これまで述べ15万人あまりの相談者を施術。
各種整体、カイロプラクティックやOリングテストをはじめ鍼灸等東洋医学の研究、研鑽の結果「重心七軸調整法」の治療体系を編み出す。
長生堂(東京オフィス、仙台オフィス)院長
健体康心の集い(自己整体法である導引法を指導)主宰
著書 「図説導引法」(非売品)
日本長生医学会会員。日本バイデジタルOリングテスト医学会会員。少林寺拳法五段。

 

 

7-1 体の中心軸「背骨」と重力

 

◎人間の生活は「重力に支配」されています。

背骨は脳(発電所)から続く脊髄(送電線)を収納し、身体を支えている大黒柱です。建物と同じように柱をまっすぐ建てる為には、それを支える「土台(基礎)」がとても重要です。

 

◎七つの土台と脊柱

建物は地震や地盤沈下で土台が狂うと、その上の柱が曲がり二階の扉が開かなくなったりします。

背骨の歪み(ズレ)が病気の原因になり易い事は近年よく知られるようになってきました。しかし背骨の変位(結果)にだけ視点がいき、変位の原因(出発点)がどこにあるのか?まで遡らなければ本当の解決にはなりません。私の30年以上にわたる研究結果によると人体には背骨を支える為に「7か所」の調整可能な土台(重心軸)があることが分かっています。この7か所の部位は互いに関連しあい、「背骨のバランス」に強い影響を与える場所として私は大変重要視している。

この7か所の重心軸とは①上部(第1、第2)頸椎、をはじめ、②顎関節③骨盤④足関節⑤股関節⑥手関節⑦肩関節である。

これら「七つの土台」のいずれかにアンバランスが生じると、重力の関係上その狂い(歪み)の連鎖が、「手、足」の場合は上行性に、「顎関節や上部頸椎」の場合は、下行性に連鎖連動しながら身体各所の「活動エネルギー」を低下させ、複雑な症状となって全身に現れていきます。したがって「痛みや辛さ」のある部位が本当の原因ではない事が多いのです。

 

7-2 体構造の歪みの連鎖

前述したように人間の身体は動く構築物で、特に身体の土台的役割の高い部分(七つの重心軸)に故障や歪みが起こると、それを補う為に全身にその歪みが波及していく。

身体の運動系は、大脳をはじめとする中枢神経系を介して連鎖連動する仕組みになっており、身体の一部をある目的に向かって動かすと、全体が補正協力的に動くようになっている。

例えば、足首を捻挫すると反対側の膝や腰に負担が及び、今度はその連鎖部位にも痛み等の故障が生じてくる。また適合しない靴を履いても、身体のどこかに故障が起きてくるが、そのことに気づいている人はほとんどいない。医師は痛いという結果的な部位しか診てくれないので、原因解決には至らないことが多いと思われる。

 

7-3 重心七軸調整法は究極の自然療法

「重心七軸調整法」は上部頸椎をはじめ、背骨や全身の筋肉、骨格系のバランスを決めている「七つの重心軸」を無理なく手によって正しい位置に調整することにより、身体の中心である背骨の流れを整えます。

その結果、全身を活動させている脳からの生命エネルギーが、100%で身体の隅々まで伝達され、人体に備わっている自然治癒力を最大限に引き出す為の「究極の自然療法」といえるのである。

先天的知能は生まれながらに内在する叡知である。その働きの一つである自然治癒(良能)力=生命エネルギーが充分に伝達された身体は、細菌やウイルスに対する抵抗力も強く、病気や傷の治りが良いばかりでなく、ストレスや環境に対する適応力も高くなり、まさに心身共に健全な状態といえるのです。

 

7-4 自然との共存共栄の為に、教育された頭脳(都合)の一人歩きは危険

我々人間は万物の霊長といわれていますが、現代の世相はどうでしょうか?

原発問題、環境問題しかり、大自然から与えられた生命の内なる仕組みにブレーキをかけていませんか?経済的理由優先で自然環境を破壊したり、化学物質や薬の副作用によって体内の自然(健康)を狂わせたりしている人をよく見かけます。

人間の持つ都合とは、目先にとらわれた自我(我執偏見)で形成されている為、表面的な見方が優先してしまい健康の本質から遠ざかってきています。

かのゲーテはこう言っています。「人は自然から遠ざかれば遠ざかるほど病に近づく」と。的を得た真理といえよう。

 

(長生堂 院長 齊藤治道先生)

 

次回は、重心七軸の部位とその特性の概略をお話いただきます。

ご利用案内

内容につきましては、私の雑感等も含まれますので、真実性や正確性を保証するものではない旨ご了解下さい。

→ リンクポリシー・著作権

カレンダー

2014年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

高井・岡芹法律事務所会長
弁護士 高井伸夫
https://www.law-pro.jp/

Nobuo Takai

バナーを作成