IMG_5360.JPG

2015年3月28日(土)8:01
東京都目黒区中目黒公園にて桜を撮影
花言葉「こころの美しさ、精神の美」 

 

 

 

(8)相性

 

依頼者、相手方の弁護士、さらには裁判官との間で弁護士が求められる資質としては、これまで述べたようにたくさんのことがあるが、結局、一番大切なのは実は相性である。要するに、「馬が合う」ということだ。「馬が合う」とは、理知的な面だけではなく匂いや香りなど本能的な面でもある。「馬が合う」「一目惚れ」という関係性とは反対に、「癪に障る」「苛立つ」という関係性もある。「反りが合わない」ということだが、刀の反りが鞘に合わないという由来から、気心が合わないという意味でもある。どちらも、論理で説明できるものではなく、感情に支配されるものであるため、「馬が合う」ことは困難であるようにも思われる。

しかし、相性が合わない時でもそれを克服する方法がある。それは、包容力を発揮することである。さらにいえば、包容力が狭いほど、相手との相性も合わせづらくなるのではないだろうか。相手にどの程度の包容力を発揮すべきかについては、小生は相手の性格を見て判断することにしている。例えば、短気な人と接するときには、格別に包容力をもって接することを心がけている。そうでなければ、相手の態度を和ませることはできないであろう。

また、相性は、個人のもつ性質だけでなくその時の状況にも左右されることを心しておかなければならない。そのためにも、包容力が広いほど有利になる。つまりは、人格、識見、手腕、力量を磨くことは勿論のこと、どのような状況であっても対応できる幅を広げるためにも多芸・多趣味であり、それらを通して色々な人や世代と交流することが求められるのである

 

(9)その他

 

企業の女性に評価されない弁護士は、よい弁護士とはいえない。たとえば、企業の受付の女性に威張り散らしている弁護士などは論外であるが、もっと積極的な意味で、一般の商品開発やサービスにおいて女性の感性にマッチすることがヒットの条件とされるのと同様に、リーガルサービスも女性の感性に好まれる弁護士のほうが、経験則上、多くのお客様を獲得していると思う。女性は爽やかさ、楽しさを好み、それと同時に経済観念も発達していることが多い。こうした厳しい消費者の眼から選ばれた弁護士は、結果として優秀な弁護士であるのだろう。

また、直接、担当者以外の人に評価されない弁護士もよい弁護士とはいえないだろう。それはなぜだろうか。答えは、そういう場合、担当者にはおもねったりしながら、直接担当者でない人には横柄な態度になる人が多いからだ。

しかし、人の評価というものは、往々にして自分の知らないところでなされることが多い。例えば世間話のような場でもなされる。したがって、自分の評価を上げたいと思ったら、全ての人に感じよく接することが必要なのである

 

 

ご利用案内

内容につきましては、私の雑感等も含まれますので、真実性や正確性を保証するものではない旨ご了解下さい。

→ リンクポリシー・著作権

カレンダー

2015年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

高井・岡芹法律事務所会長
弁護士 高井伸夫
https://www.law-pro.jp/

Nobuo Takai

バナーを作成