高井伸夫先生の教えの活かし方を考えるの最近のブログ記事

 

IMG_1271.JPG

2016年2月13日(土)8:24 渋谷区広尾1にてラナンキュラスを撮影
花言葉:「晴れやかな魅力」 

 

 

株式会社開倫塾
代表取締役 林 明夫 

 

「仕事はメモで身に付ける」

 

Q:「仕事はメモで身に付ける」とはどういう意味ですか。

:(林明夫、以下略)

(1)仕事には教科書がないので、仕事に必要なことはメモをし続け、そのメモを活用して仕事を身に付けることが大事だという意味です。

(2)私は、このことばを、弁護士の高井伸夫先生から教えていただきました。

(3)高井先生は、会食をしているときでも、必要と思われることは、そばにある箸の包装紙にメモを取っておられました。高井先生は素晴しい能力をお持ちだと思います。

 

Q:えっ、メモを取るのは能力なのですか。

A:

(1)はい。メモを取ることができるのは、極めて高い言語能力だと思います。

(2)例えば、私は、日本語では詳細なメモを取ることができます。しかし、中国語やロシア語、ドイツ語、スペイン語ではメモを取ることができません。大学生のときに第2外国語で学んだフランス語でも、メモを取ることができません。英語なら少しはメモを取ることができますが、日本語のように詳細なメモを取ることはできません。

(3)ということは、私は、日本語ではメモを取る能力はあるけれども、英語ではメモを取る能力は少ししかなく、英語以外の外国語ではメモを取る能力は全くないといえます。

このように考えると、メモを取り続けることができるのは大切な能力といえます。

 

Q:では、お聞きします。林さんは、メモを取り続ける能力はどこでどのように身に着けたらよいとお考えですか。

A:

 (1)学校の授業だと考えます。

(2)メモを取り続ける能力を身に付けるには、小学校、中学校、高校、大学、大学院、専門学校、専修学校などの授業でノートを取ることが大切です。

(3)授業後に、先生の授業の様子を思い出しながら、授業中に取ったノートを後で勉強しやすいように整理することを「ノート整理」といいます。よく整理された「授業ノート」を用いて、早め早めに準備をして試験に臨むと、大学や大学院を含めすべての学校でよい成績が取れます。

(4)授業中に、大切なことなのにノートを取らずにいると、授業中に理解したことも、時間がたつにつれて記憶の痕跡が徐々に薄れてきます。そのため、教科書をあまり用いずに授業の内容から出題される教科の試験では、準備が十分にできず、よい成績はあまり期待できません。厳しい中学校や高校では追試となり、大学では単位が取れずに留年や退学の原因にすらなります。

 

Q:学校では、授業以外でもノートやメモを取った方がよい場合があるのですか。

A:

 (1)はい。たくさんあります。学校での教科以外の様々な教育活動の中でも、大切なこととしてメモを取らなければならないことがたくさんあります。

(2)例えば、学級会や生徒会、部活動等で、次の会合をいつどこで開き、各人が何を準備するかなどの打ち合わせをしているときには、参加者は必要なことを自分の手帳にメモをします。

(3)メモをしないと、打ち合わせのすべてを記憶し続けることが難しいため、日付や時間、場所を間違えたりして約束を果たせずに、メンバーに迷惑をかけることになる場合が多いからです。

 

Q:これ以外にも、学校でメモを取るべき場面はありますか。

A:

 (1)日本の学校には世界の人々がうらやましく思うほど授業以外にたくさんの行事や充実した教育プログラムがあり、そのたびにセレモニーがあります。

(2)学校行事のセレモニーやプログラムには、学校の先生方以外に、数多くの方々が来賓やボランティアとして参加して、いろいろなお話をしてくださいます。

(3)例えば、来賓として学校に招かれ挨拶を依頼された方の多くは、何日も前から、与えられた短い時間に何を話そうかと相当な準備をしてきます。

(4)そこで大切なことは、入学式、卒業式、創立記念日、立志式等に出席するときには必ず小さめのノートを用意し、大切と思われるお話は、キーワードだけでもメモをしておくことです。

(5)芸術鑑賞会、宿泊訓練、修学旅行、社会体験の見学会、インターンシップ、外部講師の出張授業等、教科以外の様々なプログラムに参加する際にも、大切なことはメモをし続けることです。

(6)御参考までにお話させていただきますが、日本の学校ほど教科以外の様々な教育活動が盛んで充実した国はないようで、「隠れたカリキュラム」として世界の教育関係者から極めて高く評価されているようです。

 

Q:メモをした後はどうすればよいのですか。

A:

 (1)授業のノートと全く同じで、後で見やすいように「メモを整理」することです。

(2)会合などの正式名称、日付、時間、場所、主催者、大きなテーマ、目的などを書き加えたり、話や見聞きしたことを思い出して書き加える。見出しをつけ、後で読みやすくする。

(3)そのメモを分類してファイルし、時々見直すと、とてもよい勉強になります。

 

Q:元に戻りますが、学校の授業中はノートを取った方がよいと林さんはお考えなのですね。

A:

 (1)そのとおりです。学校の先生の中には、授業は聞いているだけでよく、ノートを取る必要は一切ないという方もおられます。児童、生徒、学生の中には、そのことを真に受けてすべての授業でノートを一切取らない人もいます。

(2)私は、どんなに説明の上手な先生の授業でも、大切なことはノートを取ることをお勧めします。学校という教育の場で、教科や教科以外の様々な教育活動で学ぶ機会がある間に、大切と思われること、必要と判断されることはノートやメモを取る能力を身に付けることが大切だと考えます。

(3)ノートやメモを取ることができるのは大切な能力だからです。社会に出て仕事をするときに必要不可欠で大切なことは「メモ」をし、それを身に付けることに直結します。

 

Q:仕事をメモで身に付けるためにはどうしたらよいとお考えですか。

A:

 (1)職場ではノートと筆記用具をいつも身近に置き、仕事で必要なことはすべて詳細にメモをし続ける。これが第1。

(2)メモをしたノートは、記憶の確かなうちに必ず読み直し、必要なことを書き加える。後で読みやすいように、ページや見出しをつける。大切なことは、赤線を引き、線で囲む。これが第2。

(3)意味のわからないことばがあったら「気持ちが悪い」と思い、辞書や用語集、インターネットなどでそのことばの意味を調べる。調べたことはノートに書き写す、その部分だけコピーして張り付ける。これが第3。

(4)このようにして作り上げたノートは、その日のうちにスミからスミまで、一語一句、正確に覚える。何も見ないで、口をついて出てくるようにする。正確に書けるようにする。簡単な計算や問題は、見た瞬間に条件反射で正解がいえるまでにする。ノートを正確に身に付ける、つまり、ノートの「定着」。これが第4です。

 

Q:どのようにしてノートを身に付ける、「定着」させたらよいのですか。

A:

 (1)「音読練習」、「書き取り練習」、「計算・問題練習」を繰り返し行うことです。私は、この3つの練習を「定着のための3大練習」と名付けました。

(2)「練習は不可能を可能にする」という慶應義塾の塾長をなさった小泉信三先生の教えがあります。「定着のための3大練習は不可能を可能にする」と考えます。

(3)高井伸夫先生の「仕事はメモで身に付ける」の教えを大いに学び、学校でも社会でも大いに役立てていただきたいと思います。

 

2016年2月24日(水)7時08分

 

 

開倫塾のホームページ(www.kairin.co.jp)に林明夫のページがあります。

毎週、数回更新中です。

お時間のあるときに、是非、御高覧ください。


 

IMG_1165.JPG

平成28年1月3日(日)7:23 中目黒公園にてポリジを撮影
花言葉:「勇気、愁いを忘れる」

 

 

株式会社開倫塾
代表取締役社長 林 明夫

 

「企業は原則倒産」


1.はじめに

(1)高井伸夫先生から様々なことを教えて頂いた。その第一が「企業は原則倒産」だ。

(2)1979年に栃木県足利市に開倫塾という小・中・高生対象の学習塾を創業し、1985年に株式会社開倫塾を設立し、現在、栃木県・群馬県・茨城県の北関東3県に60校舎を展開、約7000名の塾生を教えることができているのは、400名あまりの社員の尽力と、地域社会の皆様の御理解、御支援の賜であるが、高井伸夫先生の「企業は原則倒産」の教えに負うところも大きい。

(3)高井伸夫先生の「企業は原則倒産」の教えをどのように活用させて頂いているかを紹介させて頂き、高井先生の恩に少しでも報い、また、皆様の御参考に供したい。

 

2.「倒産しない会社づくり」を目指して

(1)株式会社設立以来、開倫塾の経営方針は①「学ぶに値する塾づくり」、②「働くに値する職場づくり」、③「倒産しない会社づくり」の3つで、変わることはない。

(2)「企業は原則倒産」という高井先生の教えは、この経営方針③「倒産しない会社づくり」の根拠となるもので、これほど大切な教えはない。

(3)なぜなら、「企業は原則倒産」であるから、「倒産しない会社づくり」に励むことで経営方針を実現できるからだ。

 

3.「倒産しない会社づくり」のための具体的行動

(1)「四半期決算」の確実な実施。開倫塾は未上場企業ではあるが、2001年より少しずつ「四半期決算」を実施している。

(2)私自身が、2004年から2010年までの6年間、マニー株式会社(本社宇都宮市、ベトナム・ミャンマー・ラオスに現地法人。手術用縫合針製造。東証一部)の社外取締役を務め、「四半期決算の重要性と有効性」を痛感。取締役を退任したら、未上場の開倫塾でも四半期決算を導入しようと考えた。

(3)2016年で5年目に入るが、幹部社員から徐々に浸透。2015年度からは60校舎すべてで、四半期ごとに校舎の全資産について実地棚卸しをするに至っている。

(4)公認会計士や税理士の先生方のお力をお借りし、人件費を含むありとあらゆる経費を四半期ごとに見直し、四半期ごとに事業計画を立てるまで、もう一歩のところまできた。

(5)2016年度は「四半期決算」に基づく短期事業計画の策定・実行・検証・評価(PDCA)に励みたい。

(6)同時に、四半期ごとの採用・研修・評価にも励み、世界や日本がどのような経済状況に陥ろうとも「倒産しない会社づくり」を目指したい。

(7)これらはすべて、高井伸夫先生の「企業は原則倒産」の教えの賜である。

 

4.サービス産業としての「5S活動」

(1)開倫塾の本社のある栃木県足利市は、日本最古の学校「足利学校」のある街として知られているが、最近で、社員の自主性を尊重する「5Sの街」として日本各地ばかりでなく、世界各地からの視察団が訪れる街として知る人ぞ知る街となった。

(2)経済産業省や日本IE協会はじめ、数多くの経営者やコンサルタントが集う団体から高い評価を受け、2012年には第1回の、2014年には第2回の「世界5Sサミット」を開催したほどだ。

(3)足利商工会議所には「足利5S学校」があり、現在は足利市内外から150社以上が参加。5年前より参加企業の5Sリーダーである「5Sインストラクター」の養成も行っている。足利市役所はじめ行政サービスや学校、介護福祉施設なども参加。

(4)開倫塾の全校舎でも「開倫5S学校」を開設。2015年9月の関東・東北の歴史的大豪雨の際には、冠水した栃木県鹿沼市の鹿沼駅前校や茨城県常総市の石下校、水海道校などの早期復旧に、社員が主体性をもって取り組む足利方式の5S活動は、その精神を大いに発揮した。

(5)改めて言うまでもなく、「5S」は「整理・清掃・整頓・清潔・躾(しつけ)」をローマ字で書いたときの「S」が5つ集まったことを意味するが、頭文字5Sにおける「整理」は不要なものは処分する、つまり、ものごとは選択と集中、優先順位が大事だということも意味し、「問題点を先送りしない経営」「倒産しない会社づくり」に直結する。

(6)「5S」を「倒産しない会社づくり」として捉え、60校舎すべてで行っている学習塾はあまり多くないのではないか。これも、高井先生の「企業は原則倒産」の教えの賜といえる。

 

5.おわりに

(1)これから1年間、12回にわたり高井伸夫先生からお教え頂いたことをどのように活用したらよいかを皆様とご一緒に考えていきたい。

(2)いくら素晴らしい考えでも、それを知るだけで、実際に自分のものとして実行に移さなければ何の意味もない。

(3)「企業は原則倒産」の教えのもとで「四半期決算」「社員の自主性を尊重した5S活動」を行った効果は計り知れない。是非、お試しを。

 

2016年1月18日(月)

 

 

開倫塾のホームページ(www.kairin.co.jp)に林明夫のページがあります。

毎週、数回更新中です。

お時間のあるときに、是非、御高覧ください。

 

ご利用案内

内容につきましては、私の雑感等も含まれますので、真実性や正確性を保証するものではない旨ご了解下さい。

→ リンクポリシー・著作権

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

高井・岡芹法律事務所会長
弁護士 高井伸夫
https://www.law-pro.jp/

Nobuo Takai

バナーを作成