青木昌一の『尊親敬師』の最近のブログ記事

20170224IMG_2740.JPG

2017年2月11日(土)10:20 蘆花恒春園にて梅を撮影

 

 

第2回 解決策は己の中にある

 

株式会社日本総合研究所
リサーチ・コンサルティング部門
青木 昌一

 

1.事務局長の役割

「誰か事務局長をやってくれ。僕が企業のお手伝いをするときには必ず事務局長を置いてもらっているんだ。」

なかなか手が上がらないので、私はうかつにも「はい。私がやります。」

「事務局長はスケジュールの調整、議事録の作成を頼む。いいかい議事録は一字一句漏らさず会議の記録をとるんだよ。」

小さなリゾート会社の撤退から始まった西洋環境開発の再建に向けての取り組みはその状態が明るみになるにつれて、徐々に範囲が広がっていきます。そこで本格的に高井先生に顧問をお願いし、労務的な対応のご支援をいただくことになりました。ただ、会社としての再建に向けての具体的な策は固まりません。とはいえ、動きが決まってから動き出したのでは後手に回ってしまいます。そこで人事部としては、ある程度先を見越して状況を想定し、準備を整えることにした訳です。

当時多忙を極める高井先生のスケジュールは本当に分刻みです。その多忙なスケジュールの隙間で30分とか1時間の時間を毎週抑えさせていただき、ミーティングを行うことになりました。

ミーティングは一旦録音し、それをワープロで一字一句漏らさぬよう書き起こします。録音した内容を再生しながら1時間の会議を書き起こすのに2~3時間はかかります。当時は今と違い会社の書類はB版全盛。そのB4の紙にびっしり4~5枚になります。

しかし、この議事録の使い道が正直なところ最初のうちはよくわかりませんでした。ほどなくその謎が解けます。

 

2.プライオリティのつけ方

「青木君、今度の土曜の朝7時半に議事録から課題をリストアップして事務所に持ってきてくれ。読み合わせをやろう。」

ひと月分だったかふた月分だったかは記憶が定かではありませんが、事前にB5の用紙に各ミーティングでポイントになった課題を書き出します。

今、私が所属している日本総研に限りませんが、多くのコンサルティングファームでは、新人研修で要領よくポイントを抜き出しまとめるスタイルの議事録の取り方の訓練を受けます。しかし、当時の一般企業でそこまでやっているところは少なかったのではないでしょうか。私も当然そんな教育は受けていません。したがって、この課題を抜き出す作業も簡単ではありませんでした。膨大な議事録から内容にプライオリティをつけ、それを書き抜くことはかなりのスキルを要します。だからこそ、この一旦一字一句を書き起こし、後でポイントを出す議事録の作成するスタイルは良い訓練になりました。

しかも、高井先生からマンツーマンで指導を受けられる機会にもなります。この時間は後々いろいろな意味で私の財産になります。

 

3.課題整理

話しを元に戻します。

この箇条書きにしたメモを元に先生と2人での打ち合わせが始まります。「これはどういうことかい?」

「それは恐らくこういうことではないかと思います。」

「ということは、ここが決まらないと打ち手が決まらないな。ここを決めるように伝えておいてくれ。」

そんなやり取りを小一時間したあと、週が明けて先生との打ち合わせ結果を会社に持っていき、社内で対応を練ります。

その結果を持って次の高井先生とのミーティングに備えます。

課題が明らかになり、打ち手が見えてくると、議論が具体的になります。そういう段階に入ってくるとミーティングが始まる前に私が高井先生からある指示を受けます。

 

4.コーチングの原型

「参加者に紙を配って各自心配ごと、気がかりを書いてもらってくれ。」

心配ごと、気がかり以外に条件はありません。そうするとさまざまな心配ごとが書き出されてきます。レベルも極めて高度な経営的な問題から、本来のテーマから一見かけ離れているような話まで。これを会議の開始と同時に高井先生がひとつずつ書き出した人に説明させていきます。同時に本人に「どうしたら良いと思いますか?」と尋ねます。これによって一瞬にして解決する話、慎重に策を練ってあたらなければならない話が明らかになり、問題が仕訳されてくるわけです。

もうお気づきかと思いますが、これは「コーチング」につながる手法です。当時、「コーチング」などという言葉は世間には広がっていませんでしたから、高井先生も「コーチング」としてこうした作業を行われていた訳ではなく、経験的に問題解決に有効な手法として採用されていたのだと思います。

書き出すという作業によって、まずは書いた本人の頭の中が整理されます。何が問題なのか?それは本当に問題なのか?が自分自身で整理されます。そして、場合によっては書き出して整理しているうちに打ち手が自分の頭の中に湧いてくることもあります。仕事をする際に問題を書き出すというスタイルをとっている方がどのくらいいらっしゃるか分かりませんが、一度試されると良いと思います。

私が日本総研でコンサルティングをやるようになってから、この手法の真似をさせていただき、ずいぶん役立ちました。人事制度を設計する中で事務局が後ろ向きになるケースがあります。そういった時には客先の事務局の皆さんに心配ごと、気がかりを尋ねたり書き出してもらったりすることで議論が徐々に前向きかつ実践的になるのです。

以上

IMG_2559.JPG

2016年12月31日(土)8:12 中央区築地にてリナリアを撮影
花言葉:「幻想」

 

 

第1回「試練はきついが損ではない」

 

1.ご挨拶

はじめまして。

株式会社日本総合研究所で人事コンサルタントをしている青木昌一と申します。この「無用の用 ~高井伸夫の交友万華鏡」で今月から毎月1回、1年間執筆させていただくことになりました。

このコラムにはこれまでも何人かの方が寄稿をされてらっしゃいます。皆さん本当にすごい方ばかりです。したがって、自分自身がここに文章を書かせて頂いている事実がどうにも信じられません。

そんなこともあり、まずは凡庸な一介のコンサルタントである私がどのようにして高井先生とのお付き合いが始まったについてお話をさせていただき、以降、高井先生とのお付き合いを通じて、学んだこと、驚いたこと、そして高井先生が企業、とりわけ経営危機に瀕してあえいでいる企業に対してどのような携わり方をされているかなど、織り交ぜながら話しをさせていただきたいと思います。

1年間はいささか長い気もいたしますが、最後までお付き合いいただければ幸甚です。

 

2.西洋環境開発

今は三井住友フィナンシャルグループの(株)日本総合研究所(日本総研)で企業の人事制度設計や労務問題などのアドバイス、いわゆる人事コンサルタントをしていますが、以前は故堤清二代表が率いておられたセゾングループの基幹会社のひとつでデベロッパーの「西洋環境開発」という会社に約13年間在籍していました。

この西洋環境開発という会社は今ではご存知の方は少ないと思いますが、かつてはサホロリゾートやプロゴルフのトーナメント会場として有名な美浦ゴルフ倶楽部、桂ゴルフ倶楽部等のゴルフ場、横浜インターコンチネンタルホテルなど多くのリゾート施設の開発・運営や兵庫県尼崎市の「つかしん」などの都市開発で知られ、不動産会社の中では大手に準じて学生の就職希望ランキングの上位に位置する会社でした。

しかし、本業、すなわち収益事業の柱は宅地開発やマンション開発の住関連の事業でした。それが身の丈以上の事業領域に手を出してしまったことで、会社の経営がおかしくなってしまいます。世間がバブルに沸いた頃、飛ぶ鳥を落とす勢いで事業拡大を続け、バブルの崩壊とともに経営危機に瀕し、その後の経営再建の努力も結果としては実ることなく、「特別清算」という形でこの世から姿を消してしまった次第です。

 

3.西洋環境開発での仕事

私自身はこの西洋環境開発で1987年の入社から10年間人事部に所属し、その後3年間は関連事業部という再建の推進のための部署で、遊休不動産の処理、ペーパーカンパニーも含め約100社にも及ぶ関連会社の売却や清算の業務にあたっていました。

入社から7年間ほどは人事部で給与業務を手始めに新卒・中途採用、三重、広島の新規ホテルの立ち上げ、人事異動の事務局など、極めて前向きな業務を担当していました。ところが93年頃から会社の様子がおかしくなります。

経営層ではメインバンク等と会社再建に向けての協議が始まっていたようですが、我々末端の社員はそんなことは知る由もなし。私にとっての経営危機の最初の兆候はリゾート事業を行っている小さな関連会社の撤退の話が持ち上がったところからだったと記憶しています。

 

4.高井先生との出会い

10名程度とはいえ社員を抱えた東京から遠く離れた場所にあったリゾート会社。いきなり撤退と言われても、途方にくれるばかり。会社を撤退する場合に社員の方々にどう対処すれば良いのかわかりません。場所が場所だけに社員の再就職もままならない。ただ、民法や労働基準法で定めることだけをやっていては、実際はダメなんだということだけはぼんやりとわかっている程度。

何をどうすればよいのか分からず途方に暮れる私宛に懇意にしていた西武百貨店の人事部の課長で後に私の上司になる方から「〇日の●時に市ヶ谷の法曹会館にある高井伸夫法律事務所に高井先生という弁護士さんを訪ねなさい。アポイントは既に入れてある。」という電話がかかってきました。

指定された日時は関係会社の役員研修を飯田橋にある当時関係会社のひとつであったホテル・エドモントで行っている最中。私もそこにお手伝いとしてアテンドする予定でした。今から思えば研修などをやっていられるような状況ではなかったのですが、当時はそんな危機感はありません。

その日、当時の直属上司の課長とふたりで飯田橋からタクシーで市ヶ谷法曹会館に向かいました。

高井伸夫法律事務所を訪ねると私たち二人は会議室に通され、ほどなくして穏やかな笑みをたたえた高井先生が入ってこられました。

我々は挨拶もそこそこにその対象となる関係会社の状況や撤退スケジュールなどを一気にお話しし、先生のコメントをお待ちしました。

まず、先生から言われたこと。

「通常の退職金に加え、会社の事情で労働契約を解除しなければならないのだから少なくとも月給の三か月分は割り増しして払ってあげなければダメだ。」「3カ月というのは解雇予告手当相当1カ月、賞与の期間経過分1カ月、有給休暇の残り相当1カ月なんだ。」

この一言がその後シリーズのごとく続く会社閉鎖や移管の際に、我々にとってのベースになります。思えばこれが私のこれまでの人生でもっともきつい試練の6年間の日々とそこに寄り添って下さり、今も見守ってくださっている高井先生とのお付き合いの幕開けでした。

 

以上

ご利用案内

内容につきましては、私の雑感等も含まれますので、真実性や正確性を保証するものではない旨ご了解下さい。

→ リンクポリシー・著作権

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

高井・岡芹法律事務所会長
弁護士 高井伸夫
https://www.law-pro.jp/

Nobuo Takai

バナーを作成